歯 黄ばみ 原因

歯の黄ばみの原因は大きく分けると3つあった?

人前で笑顔になれない、歯を出して笑うのが恥ずかしいという人もいますよね。

 

実は、女性の口元の悩み第一位は、『歯の黄ばみ』なんだそうです。

 

確かに歯が黄ばんでいると汚く見えたりだらしなく見えたりしてしまいます。
どうして歯が黄ばんでしまうのでしょうか。

 

歯が黄ばんでしまう原因

歯が黄ばんでしまう原因で最も多く考えられているのは、『ステイン』です。
ステインは、食品に含まれる『着色物質』のことを言います。

 

コーヒー、紅茶、赤ワイン、カレー、ソース、醤油など
ステインを含むものは挙げ出したらキリがありません。

 

ステインは『色の濃い食べ物』に多く含まれる傾向にあるようです。
このステインが歯の表面のタンパク質と結び付いて蓄積することで、歯の黄ばみとなるのです。

 

一度コーヒーを飲んだから歯が黄ばむ、というわけではありません。
長い月日をかけて、蓄積されていくことが原因です。

 

ステインの多いものを食べたあと、すぐに歯をみがいたり口をゆすいだりするだけで
ステインの蓄積はだいぶ防ぐことが可能です。

 

ステインの他に、『タバコのヤニ』も原因です。
ヤニは歯の表面だけでなく、歯の裏側まで茶色っぽくなってしまいます。

 

また、『加齢』も原因の一つです。

 

年齢とともに歯の表面のエナメル質がうすくなり、
エナメル質の後ろにある黄色がかった象牙質が透けて見えてしまうのです。

 

自分の歯の黄ばみの原因を知ることで
歯を白くするための正しいケアができるのではないでしょうか。

 

次のページでは歯を傷つけることなく
歯の黄ばみを除去してくれる口コミで評判の良い歯磨き粉をご紹介します。

 

ホワイトニング専用!歯磨き粉人気ランキング