歯 黄ばみ 落とし方

磨きすぎ注意!歯の黄ばみの正しい落とし方とは?

歯を見せて笑うのに抵抗がある、人と接近して話せないなど、
『歯の黄ばみ』で悩んでいる人は意外と多いものです。

 

芸能人のような、輝く真っ白い歯は誰でも憧れますよね。生まれつき歯が黄ばんでいる人もいるのですが、通常、健康な歯は乳白色をしています。

 

しかし、実際はどうでしょう。鏡を見るたびになんだかガッカリ…というなんて人もいるのではないでしょうか。歯の黄ばみを落とすには、まずは『原因』をしっかりと知ることが大切です。

 

歯が黄ばむ原因とは?

歯が黄ばんでしまう原因は、『ステイン』と『ヤニ』です。

 

ステインとは着色汚れのことで、赤ワインやコーヒー、
チョコレート、紅茶、カレーなどに多く含まれます。

 

ヤニは言わずと知れたタバコによるものですね。

 

自分の歯の黄ばみの原因が分かったら、なるべくその原因を取り除いていきましょう。
タバコは健康にも良いものではありませんから、この際禁煙するのも良い機会かもしれませんよ。

 

すでに黄ばんでしまった歯の黄ばみを落とすには、
『ホワイトニング効果のある歯みがき粉』を使うことや
『歯医者でクリーニング』をする方法などがあります。

 

着色汚れは傷に付着しやすいため、
余計に歯の黄ばみが酷くなることもあるので注意が必要です。

 

ドラッグストアなどでもホワイトニングを唱った歯みがき粉がたくさんありますね。
しかし、歯の黄ばみは、ゴシゴシと一生懸命磨けば落とせるものではありません。

 

マグカップなどの茶渋がこすってもなかなか落ちないのと同じです。
ですから、普通の歯みがき粉や歯ブラシでゴシゴシこすっても落とすことは出来ません。

 

それどころか、ゴシゴシこすると歯の表面に傷がついてしまいます。

 

おすすめは、ネットショッピングのみで取り扱っている専用の歯みがき粉です。
研磨剤が入っていないので、歯を傷つける心配もなくおすすめですよ!

 

詳しくは、次のページでご紹介します。

 

ホワイトニング専用!歯磨き粉人気ランキング