歯 生まれつき 黄色い

歯が生まれつき黄色いこともある?

「歯が黄色い」ことが原因で、他人とのコミュニケーションがうまくとれないという人もいます。歯を見られることが嫌で、笑えない、人と近距離で話ができない、などです。歯が黄色くなってしまうのには様々な理由が考えられますが、中には「生まれたときから」歯が黄色いという人もいます。大人の歯が生えてきたときから、すでに黄色くなっているのです。それはなぜなのでしょうか。

 

エナメル質形成不全の可能性

 

生まれつき歯が黄色いのは、もしかしたら「エナメル質形成不全」というものかもしれません。エナメル質形成不全とは、歯のエナメル質が形成される時期(3ヶ月頃〜7歳頃)に何らかの障害が起こり、それが原因でエナメル質の形成が不十分になってしまうことを言います。虫歯や歯をぶつけるなどの「外からの炎症」の他、栄養障害やフッ素などの無機物の摂りすぎによる影響も考えられます。残念ながら、この「エナメル質形成不全」を予防する方法は今のところ見つかっていません。

 

他にも生まれつき歯が黄色いのは、遺伝的な要因も考えられます。

 

生まれつき歯が黄色い場合、歯を白くすることはできるのでしょうか。歯医者でのホワイトニングなどで歯を白くすることはできますが、歯医者でのホワイトニングは自由診療なので治療費が高額になってしまいます。毎回通うのも大変ですよね。

 

歯医者でのホワイトニングよりも手軽でおすすめなのが、「ブラニカ」というホワイトニング歯みがきジェルを使う方法です。ブラニカには「ポリリン酸」という歯を白くするための成分が含まれていて、使い続けることで徐々に歯を白くしていくことができるのです。しかもブラニカは一本2700円という、ホワイトニング歯みがきジェルの中でも非常にリーズナブルな価格となっています。歯が黄色いのは気になるけど、あまりお金はかけられない…という人にもおすすめですよ。

 

生まれつきだからと歯が黄色いのを諦めていたあなた!まだ諦めるのは早いです。諦める前に、ぜひホワイトニング歯みがきジェル「ブラニカ」を使ってみてはいかがでしょうか。

 

次のページでは、歯磨き粉ブラニカについて詳しくご紹介します。