歯 生まれつき 色

生まれつきの歯の色は変えられないの?

突然ですが、あなたは「自分の歯の色」はどのくらい気になりますか?どんなに歯みがきをしても歯が白くならない…なんて悩んでいる人もいるかもしれませんね。

 

「歯の色=白」というイメージがありますが、実は真っ白な歯をしている人なんてほとんどいません。なぜなら、歯は黄色みを帯びた象牙質の上に半透明のエナメル質が重なってできているからです。そのため、健康な歯の色は乳白色をしています。

 

また、歯の色は生活習慣によっても変わってきます。タバコや食べ物による色素沈着、抗生物質の副作用、歯の神経を抜くこと、そして加齢などが「歯の色を変える」理由として考えられています。中には生まれつき歯が変色しているという人もいます。歯を白くするには、歯医者でのホワイトニングが有名ですが、「生まれつきの歯」にも効果はあるのでしょうか。

 

生まれつきの歯の色も白くできる?

 

歯の色で悩んでいる人の中には、「生まれつきの色だから仕方ない」と諦めてしまっている人もいます。しかし、そんなことはありません!生まれつきの歯の色も、しっかりケアをすれば白くなっていくんですよ。ここでいう「ケア」とは、残念ながら一般的な歯みがきのことではありません。「ホワイトニング効果のある歯みがき」のことです。もちろん歯医者でホワイトニングを受けるのもいいでしょう。時間やお金に余裕のある人は、歯医者でのホワイトニングもおすすめです。しかし誰しもが時間やお金に余裕があるわけではありませんよね。そこでおすすめするのが、ホワイトニング歯みがきジェル「ブラニカ」です。

 

歯を白くしていく成分「ポリリン酸」を凝縮して配合しているため、ホワイトニング効果は非常に期待できます。しかも一本2700円とホワイトニング歯みがきの中でもリーズナブルなんですよ。ブラニカ含めホワイトニング効果のある歯みがきは、即効性はありません。定期的に使用し続けることで効果が出るのです。ですから、「継続しやすい価格」であることもとても重要ですよね。

 

生まれつきだから仕方がないと諦めないでください!ホワイトニング歯みがきジェル「ブラニカ」で、あなたの自信を取り戻しましょう!

 

次のページでは、歯磨き粉ブラニカについて詳しくご紹介します。