歯 ホワイトニング 生まれつき

生まれつきの歯の色もホワイトニングできる?

歯医者で行う「ホワイトニング」という治療を聞いたことのある人もいると思います。ホワイトニングは、何らかの事情で汚れてしまった歯を白くすることを言います。病気の治療ではないため、健康保険は適用されません。歯並びの矯正と同じく、全額自己負担となります。費用は歯医者によって違うのですが、十万円以上かかることも多いです。先ほど「歯の汚れ」と言いましたが、ここでいう「歯の汚れ」は歯みがきでは落とすことができないものを言います。どんなに歯ブラシでみがいても、ぴっかぴかの真っ白い歯にはなりませんよね。

 

生まれつきの歯をホワイトニングするには?

 

さて、健康な歯は乳白色をしているのですが、中には生まれつき黄ばんでいたり黒っぽくなっている人もいます。「生まれつき」ということでこれ以上白くはならないと思っている人もいるかもしれませんね。しかし、たとえ生まれつきであっても歯をホワイトニングすることは可能です!

 

もちろん歯医者でのホワイトニングも効果的ですが、値段に不安のある人は一本2700円と安価な「ブラニカ」というホワイトニング歯みがきジェルを使ってみてください。ブラニカにはクリニックでも使われている「凝縮ポリリン酸ナトリウム」というホワイトニング成分が配合されています。ブラニカは「歯を白くする」だけではなく、その「白さを保つ」効果も非常に高いのです。一度歯が白くなっても、いつのまにか戻っていたのでは意味がありません。ブラニカを使い続けることで、生まれつきの歯もしっかりとホワイトニングされますよ。

 

定期的にブラニカを使用して歯みがきをすることをおすすめします。残念ながら即効性はありませんが、続ければ必ず効果を感じることができるでしょう。歯医者でホワイトニングをするのは高いし、定期的に通わなければいけません。しかしブラニカなら毎日の歯みがき粉を変えるだけで良いのです。

 

生まれつきだから…と諦めていた人も、最後のチャンスとして「ブラニカ」を試してみてください。

 

次のページでは、歯磨き粉ブラニカについて詳しくご紹介します。