歯 着色 ヤニ取り

歯の着色、ヤニ取りをするには?

ふと鏡を見たとき、自分の「歯」の色が気になるという人もいると思います。歯は本来白ではなく「乳白色」をしているので、真っ白という人はいません。

 

とはいえ、歯が黄色く着色していたりタバコのヤニで茶色くなってしまっている人もいるでしょう。「歯の着色」は第一印象を悪くしたり、場合によっては他人を不快にしてしまうこともあるので注意が必要です。

 

そんな歯の着色は、どうしたら落とすことができるのでしょうか。ここでは、特に落とすのが難しいとされる「ヤニ取り」についてお話ししたいと思います。

 

歯の着色の原因「ヤニ」とは?

 

歯の着色の話になると、たいてい耳にするのが「ヤニ」です。ヤニとは何なのでしょうか。

 

ヤニというのは、タバコに含まれるタールのことです。タールは植物に含まれる樹脂のことで、脂っぽいニオイや色が特徴です。タバコを長年吸い続けた人というのは、歯がヤニで茶色くなっているのですぐに分かります。タバコには他にも「ニコチン」や「一酸化炭素」など、体に悪影響を及ぼす成分がたくさん含まれています。タバコを吸う人は「歯の着色」だけでなく、ビタミンC不足によって歯茎が黒くなることもあります。

 

ヤニによる歯の着色を取るには?

 

タバコのヤニによる歯の着色を取るのは、簡単なことではありません。まず、普通の歯みがきでは落とすことはできないでしょう。歯医者や審美歯科でホワイトニングを受けても、ヤニが100%取れるとは限らないのが現状なのです。

 

ホワイトニングは費用も高額になりますし、それでも取れないかもしれないなんて…なんだかショックですよね。

 

ある程度ヤニが取れればいいというのなら、歯医者でのケアは効果的でしょう。その分お金はかかりますが、時間は最小限ですみます。
しかし、いくら歯医者でホワイトニングをしても、タバコを止めない限り「ヤニによる着色」を繰り返すことになります。ヤニによる着色が気になるほど長い間タバコを吸い続けた人が、タバコをやめるのは非常に困難です。そうなると、やはりヤニ取り効果のある「歯磨き粉」を使って日々のケアを続ける方が良いのではないでしょうか。

 

「歯の黄ばみを落とせる歯磨き粉ランキング」を見て、自分に合った歯磨き粉を探してみましょう。ヤニ取り効果のあるおすすめ歯磨き粉もありますよ!

 

口コミで評判のホワイトニング専用歯磨き粉ランキング!