歯 着色 虫歯 黒い

歯が黒く着色しているのは虫歯が原因?

突然ですが、あなたの「歯の色」は何色ですか?健康な歯というのは乳白色をしているのですが、黄ばんでいる人も多いですよね。歯が黄ばんでいたり汚れていたりすると、自分に自信が持てなくなってしまいます。できるだけ「歯」はきれいに保ちたいものですね。

 

さて、歯が「黒く着色」している人というのもいます。歯が黒いのはお世辞にも「きれい」とは言えませんし、いっこくも早く何とかしたいと思いますよね。そもそも、歯が黒く着色してしまうのは何故なのでしょうか。「黒=虫歯」というイメージもありますが、黒く着色しているのは虫歯なのでしょうか。

 

歯の「黒い着色」は虫歯のこともある?

 

黒い着色は、主に奥歯などの「溝」に見られます。溝の筋にそって、黒く色が着いてしまっているのです。これは単なる「着色」のこともありますが、「虫歯」のこともあるので注意が必要です。

 

虫歯は歯医者で治療することが鉄則ですが、歯の再石灰化が上回っている場合は「様子見」ですむこともあるのです。再石灰化が上回っていれば、虫歯が進行することが少ないのがその理由です。

 

とはいえ、治療が必要な虫歯である可能性もありますので、「歯が黒く着色している」ときはまずは歯医者へ行くことをおすすめします。

 

単なる「着色」の場合はホワイトニングで落とせる

 

歯の黒い着色が虫歯ではなく「単なる着色汚れ」だった場合は、歯医者などのホワイトニングで落とすことができるでしょう。ただ、歯医者でのホワイトニングは健康保険の適用外ですので、治療費がいくらになるかは事前に確認しておくと安心ですね。

 

歯医者でのホワイトニングよりも手軽で安い方法に、「ホワイトニング効果のある歯磨き粉」を使うというものがあります。一般的な歯磨き粉にはホワイトニング効果はありませんので、必ず専用のものを使ってください。「歯の黄ばみを落とせる歯磨き粉ランキング」では、研磨剤を使っていない歯に優しい歯磨き粉を紹介しています。このランキングを参考に、自分に合う歯磨き粉を探してみてくださいね。

 

口コミで評判のホワイトニング専用歯磨き粉ランキング!