歯 着色 飲み物

歯の着色と飲み物について

「歯の着色」や「ステイン」という言葉を聞いたことがあると思います。歯の着色は、日々の生活の積み重ねでもあります。1日や2日で着色されていくわけではなく、毎日の食事で徐々に蓄積されていくのです。

 

では、一体「何が原因」で歯の着色汚れが起こるのでしょう。ここでは、歯の着色と飲み物について調べてみましょう。

 

歯の着色汚れの原因となる飲み物

 

さて、歯を黄色や茶色に着色してしまう「飲み物」には何があるのでしょうか。有名なのは「コーヒー」や「紅茶」ですが、これらの飲み物で歯が着色される理由までは知らない人もいると思います。

 

コーヒーや紅茶などの色の濃いお茶には、「タンニン」という色素が含まれています。この色素が唾液中のカルシウムなどの金属イオンと結び付き、歯の表面を覆うぺクリルという膜に付着することでステインとなるのです。
他にも、コーラやジュースは色素がある上、歯の表面を溶かすため着色汚れが付きやすいのです。コーヒーなどと同じく「赤ワイン」も、タンニンが含まれているため着色しやすいです。

 

歯の着色を防ぐにはどうしたらいいのか?

 

では、「歯の着色」を防ぐにはどうしたらいいのでしょう。もちろん、上記で紹介した「着色しやすい飲み物」を避けるのが1番だということはみなさんも分かっていると思います。しかし好きな飲み物を我慢するというのは、想像以上に辛くてストレスが溜まるものなのです。

 

ストレスを溜めるのは体にも良くないので、着色汚れが蓄積しないように「飲んだら歯磨き」を徹底していきましょう。「歯の黄ばみを落とせる歯磨き粉ランキング」では、歯の着色汚れを除去できる数ある歯磨き粉のうち、研磨剤を使っていないもののみを掲載しています。歯を傷付けることなく歯の着色が起こらないよう、飲んだらしっかりと歯磨きをしましょう。まずは先ほどのランキングを見て、自分に合う歯磨き粉を見つけてみてください。ホワイトニング効果のある歯磨き粉で、歯の着色を防ぎましょう。

 

口コミで評判のホワイトニング専用歯磨き粉ランキング!