歯 着色 クリーニング

歯の着色とクリーニングについて

歯の着色が気になる、という人は多いと思います。歯の着色があるかどうかは、「その人の第一印象」を決めることに関しても大きく左右します。やはり歯が汚れていると「清潔感がある」とは思われないですよね。アメリカなどでは、歯の汚い人は面接で不採用になることもあるそうです。
そんな「歯の着色」を落とすには、いろいろな方法があります。ここでは、その方法の中の1つ「クリーニング」についてお話ししたいと思います。

 

歯医者で行う「クリーニング」とは?

 

歯のクリーニングは、歯医者で行います。日々の生活で付着した茶渋やヤニなどの「着色」を落として、「歯本来の色を取り戻す」ことを目的としています。歯本来の色というのは「白」ではなく「乳白色」です。クリーム色っぽい感じですね。ですから、歯医者でクリーニングをしたからといって「歯が白くなる」ということではないのです。

 

歯医者でのクリーニングとは、どのようなものなのでしょうか。歯医者によって多少の違いはあると思いますが、クリーニングというのは「研磨」のことです。粗さの異なる研磨剤を用いて、歯を1本1本磨いていきます。ふつうの歯磨きでは落とすことのできない「歯の着色」も、歯医者でクリーニングをしてもらえば落とすことができます。1本1本3〜4種類ほどの研磨剤を使って磨きますので、全部の歯をクリーニングするには1時間半〜2時間ほどの時間がかかるでしょう。

 

クリーニング後は歯の着色が落ちてすっきりしますが、「研磨」をしているので歯には目に見えないほどの微細な傷がたくさん付いています。傷のある歯は新たな汚れや着色が付きやすいので、気を付けなければなりません。

 

研磨剤を使わずに歯をきれいにするには?

 

歯医者でのクリーニングは「研磨剤」を使います。研磨剤は歯を削るわけですから、少なからず「歯に負担」をかけてしまいます。では、研磨剤を使わずに「歯の着色を落とす」ことはできないのでしょうか。

 

それは、研磨剤を使っていないホワイトニング効果のある歯磨き粉を使うというものです。ホワイトニング効果のある歯磨き粉の多くには研磨剤が使われていますが、 使われていないものもあるんですよ!

 

「歯の黄ばみを落とせる歯磨き粉ランキング」では、研磨剤を使わない歯磨き粉を紹介しています。研磨剤で傷のついた歯は新たな汚れが付きやすくなりますから、ここで紹介しているような歯磨き粉を使ってみてください。まずはランキングを参考に、自分に合う歯磨き粉を見つけてみてくださいね。

 

口コミで評判のホワイトニング専用歯磨き粉ランキング!