歯 着色 原因

歯の着色の原因について

あなたの「歯」は何色をしていますか?歯というのは、本来「乳白色」をしているのですが、きれいな乳白色の人はあまりいないかもしれません。なぜかというと、「歯」は「着色」しやすいからです。

 

「歯の着色」や「ステイン」という言葉を聞いたことがあると思います。これらによって、歯が茶色や黄色っぽくなってしまっている人は多いものです。
第一印象を大きく左右する要因でもある「歯」ですが、毎日歯磨きをしているのになぜ着色するのだろう?と不思議に思う人もいるでしょう。ここでは、歯の着色の原因について、お話ししていきます。

 

歯の着色の原因

 

歯の着色の原因は、1つではありません。主なものとして、

 

  • 乳歯の頃から現れる「遺伝性」のもの
  • 子供の頃に飲んだ薬の影響
  • 乳歯の虫歯の影響
  • 加齢によるもの
  • 食べ物や飲み物、嗜好品の影響

 

などが考えられます。あなたの「歯の着色」の原因が何なのかは分かりませんが、多くは最後の「食べ物や飲み物、嗜好品の影響」によるものでしょう。歯が茶色や黄色っぽく着色しているときは、十中八九そうだと思っていいと思います。

 

どんな食べ物や飲み物が着色の原因となるのか

 

では、具体的に「何」が着色の原因となるのでしょうか。簡単に言うと「色の濃いもの」です。着色料を使っている食べ物や、飲食後に舌に色がつくようなものは歯の着色を招く可能性が高いと言えます。

 

コーヒー、紅茶、ウーロン茶、ココア、コーラ、赤ワインなどの飲み物や、カレー、ブドウ、ソース、醤油などの食べ物や調味料は着色しやすいものです。もちろんこれらの食べ物や飲み物を避けるのが1番ではありますが、好きなものを我慢するのはとても辛いものです。

 

ある程度我慢するのは大切ですが、ストレスが溜まらない程度にしましょう。「歯の黄ばみを落とせる歯磨き粉ランキング」では、研磨剤を使っていない歯磨き粉を紹介しています。歯の着色を落とす効果のある歯磨き粉なので、ぜひ自分に合うものを見つけて使ってみてください。

 

口コミで評判のホワイトニング専用歯磨き粉ランキング!