歯 着色除去 保険

歯の着色除去に保険は使えるのか?

みなさんは病院や医療機関へ行くとき、必ず「保険証」を持っていくと思います。健康保険証を提示することによって、窓口での支払い額が「3割」のみですんでいるのです。医療費は意外と高くつくこともあるので、3割で良いのは助かりますよね。

 

この「健康保険の適用」というのは、「病気の治療」のみが対象です。病気と認定されたものの治療に関わるものは、すべて健康保険の適用となります。しかし、逆に言うなら「病気以外は保険は使えない」ということでもあります。

 

では、「歯の着色除去」には保険は使えるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 

健康保険が使えることもある?

 

結論からいいますと、健康保険が使えることもあります。これは「着色除去」がメインというわけではなく、「結果的に着色も除去された」といった感じですね。

 

どういうことかというと、まず歯の着色除去を目的としたクリーニングに健康保険は使えません。歯が着色されていてもそれは病気ではなく、放っておいても問題はないからです。しかし歯石や歯の汚れなどが付着していると、「歯周病」になりやすくなります。歯周病を予防、もしくは治療のためにクリーニングをすると、結果的に歯の着色も落ちることがあります。この場合は「着色除去」が目的ではなく「歯周病のケア」が目的ですよね。歯周病は病気と認定されていますから、このような場合は健康保険が使えるため個人の負担は3割ですみます。

 

保険が使えなくても「安く」着色を除去したい人は…

 

健康保険が使えない行為、つまり自由診療のものに関しては、費用が高額になるというイメージがあります。歯の着色除去に関してもそれは同じで、保険が使えれば3000円くらいですむものも、自由診療扱いだと数万円することもあるのです。しかも1度で効果が永遠に持続するわけではありませんから、個人の負担は相当なものになるでしょう。

 

できるだけ安くすませたいのなら、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使ってみてください。歯医者よりも時間はかかりますが、使い続けることで歯の着色を除去することができますよ。「歯の黄ばみを落とせる歯磨き粉ランキング」では、毎日使っても歯を傷めることのない、研磨剤なしの歯磨き粉を紹介しています。このランキングを参考に、自分に合った歯磨き粉を探してみましょう。

 

口コミで評判のホワイトニング専用歯磨き粉ランキング!