歯 黄ばみ 生まれつき

生まれつきある歯の黄ばみをなんとかしたい!

歯の黄ばみは食品に含まれる着色物質=ステインによることが多いですが、
中には生まれつき歯が黄ばんでいるという人もいます。

 

乳歯のときには白かったのに、生えてきた大人の歯は黄色がかった歯だった、という人もいます。
なぜ生まれつき歯が黄ばんでしまうのでしょうか。

 

生まれつきの歯の黄ばみは、きれいな白い歯にすることは出来るのでしょうか。
生まれき歯が黄色いのは、『エナメル質形成不全』というものかもしれません。

 

エナメル質形成不全の歯は白くならない?

エナメル質形成不全とは、栄養障害やビタミン欠乏、ホルモン異常やフッ素などの
無機物などが原因となってエナメル質の形成が不十分になってしまうことです。

 

だいたい4ヶ月頃の赤ちゃんから7歳くらいまでの間にエナメル質は形成されるそうです。
しかし、残念ながらエナメル質形成不全を予防する方法はないのだそうです。

 

健康な歯は、通常乳白色をしています。
生まれつき歯が黄色い人も、乳白色にすることは可能なのでしょうか?

 

結論から言いますと、生まれつきの歯の黄ばみでも、改善することは可能です。

 

歯科医院でのホワイトニングや、ホワイトニング効果の
ある歯みがき粉でも改善することが出来ます。

 

あまりお金をかけたくない人におすすめなのは、ブラニカという歯みがき粉です。

 

生まれつきの歯の黄ばみもきれいになったと評判の高い一品です。

 

しかし、歯みがき粉によるホワイトニングは1日や2日で効果が出るものではありません。
ある程度の時間が必要です。根気よく続けていきましょう。

 

次のページでは、ホワイトニング歯磨き粉「ブラニカ」の
気になる口コミや評判などをご紹介します。

 

歯の黄ばみに「ブラニカ」が効果的?気になる口コミ・評判